-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-02-15 17:02 | カテゴリ:道内
すっかり日が長くなってきた今日この頃
PM5:00頃までは明るい気がします
まだまだ外は雪景色ですがあと少しの我慢かしら・・・
明るい光が見えてきた

長々と書いた紋別ネタ
いよいよラストです(笑)
夕方のTV番組「イチオシ」の中で
「世界に1つだけの味」と言うコーナがあります
道内各地の市町村を回り
地元の美味しい物を地元の人に選んでもらうという内容

見れる時は大体見ているこのコーナー
以前(調べたら2007年だった)紋別特集で第1位になったお店があります
その名は「まりーさんの木」

2013.2.15まりーさんの木

店内はいたってシンプルな作りとなってます

2013.2.15まりーさんの木4

メニューはまさに「喫茶店」
モーニングなんかもあります

2013.2.15まりーさんの木2

2013.2.15まりーさんの木1

前回2007年の放送直後に帰省した時はお昼時とあって超満員
待つのが嫌いな夫が約1名
それから帰省するも中々タイミングが合わずに食べるコトが出来てませんでした

今回の宿泊プランは完全な素泊まり
「これはやっと食べられる」と意気揚々
前の日からウキウキ・ワクワクでした

見事、第1位に輝いたメニューはジャーン~
「カニチャーハン」¥850
毛ガニ・ズワイ・タラバを使用してるらしいですが・・・
何だかカニが少ないなぁ
いたって普通のチャーハンでした

2013.2.15まりーさんの木5

スープサラダが付いてます
よりによって、キャベツ大盛り

2013.2.15まりーさんの木3

が、しかしこの話には「オチ」があり(苦笑)
前日、天然のカネヤンが可笑し過ぎてついつい進み過ぎた模様
イコール、目覚めの朝は絶不調なわけで・・・(北の国から風)
どんなに飲んでも朝食を欠かさない夫がそこにいるわけで・・・
結局、注文するも1口しか食べられないわけで・・・
そうなると、こうなるわけで・・・

2013.2.15まりーさんの木6

あ~あ、またやってしまった
悪いのは自分だけど、それだけ楽しい夜だったって事だよね(笑)
いつもは「あっ」と言う間の道中もいつになく長く感じられたのでした
スポンサーサイト
2013-02-14 10:19 | カテゴリ:道内
2月14日はバレンタイン
FBなどを見ているとボーイフレンドや友達に渡すチョコレートが沢山UPされてます
今朝、TV番組を見ていると2(煮)1(棒)4(し)で今日は「煮干の日」でもあるとか
チョコより煮干の方が食べたいのはアタシだけかしら(笑)

紋別での一番のお楽しみは夜の食事
今回は夫の元・職場の同僚と先輩達が集まってくれました
場所は紋別の歓楽街にあります
看板からして昭和の匂いがプンプンしてきます
居酒屋・スナック・ラーメン店などが所狭しと並んでます
が、シャッターが閉まってるお店も結構あったなぁ~

2013.2.14居酒屋つつい

2013.2.14居酒屋つつい1

事前にオーダーしてくれていた様で次々に料理が出てきました
お通しは「ホタテと三つ葉の和え物」
お酒が進むこと間違えなし

2013.2.14居酒屋つつい2

本日は年齢がかなり高め(笑)
なので「湯豆腐」は外せない模様

2013.2.14居酒屋つつい3

ここで今回最年長の通称「カネヤン」73歳が登場
どうやらお店を間違えたらしく少し遅れてやった来ました
そして開口一番「社会の窓が開いていた~」だって
今夜は荒れそうな予感

気を取り直して次のお料理に
「かにしゅうまい」
事前の下調べで一番食べたかったのがコレ
タラバとズワイカニを使用してほとんど繋ぎなしで作っているそう
セイロで蒸して熱々を頂きました

2013.2.14居酒屋つつい4

またしてもカネヤンが笑わせてくれました
焼酎を注文
お店の方が「ワリッカ・鏡月・JINRO」何になさいますか
との問いかけに
「ビックマン」と答えてしまった
やっぱり荒れてきたかぁ・・・(笑)

手違いにより「刺し身盛り合わせ」は食べ損ねてしまいました
代わりに「にしんのルイベ」が登場
ニシンをお刺身で頂くのは初めてでした~

2013.2.14居酒屋つつい5

「たこザンギ」は柔らかい仕上がりでビールがススミます
ウチではこうはいきませんからね~

2013.2.14居酒屋つつい7

話題は年金生活老後についてとヤヤ暗めの内容でしたが
所々でカネヤンの天然が入り場が和みました
そんなカネヤンのおかげでお酒が進む
一番荒れた(飲んだ)のはアタシだったかもね(苦笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。